ちょいきに!

脱出ゲーム攻略・ネタばれ・考察、たまに生活ネタやノウハウ系記事も

ゲームアプリ 好きなもの・気になるもの 攻略

7年後で待ってるChapter40(最終)【攻略・ネタバレ】

投稿日:

アプリ「7年後で待ってる」Chapter40の攻略と内容(ネタバレ含む)です。



Chapter40 攻略

 

・机の「!」をタップ→部屋を出る

 

★この後、二人がどうなったのかは追加エピソードで明らかになっていきます。
その他、「共鳴の謎」、「門真が放火犯なのか」、「立石(ハルトの本当の父)は最後にどうしていたのか」、「一木の父とアヤトの父とのやり取り」などなど、本編だけでは分からなかった部分が判明していきます。

7年後で待ってる【時系列・解釈・ネタバレ】もどうぞ!

7年後で待ってる攻略まとめページ

 

内容(ネタバレ)

密閉装置の中のハルトを見守る一木とアヤト。
今回のタイムリープは長時間の旅になるため、少し密閉装置の中にいる時間が長くなる、しばらくしたら眠くなってくるからと言われる。

待っている間に、アヤトが今日(3月31日)は良いことがあると言っていた理由を教えてもらう。
カンナの誕生日が4月12日でアヤトの誕生日が3月19日だから、二人の誕生日のちょうど中間が3月31日だねとカンナと話していたそうだ。

次第に眠くなっていく中、ハルトは夢を見た。

~~~~~~
実験が行われた部屋で、ハルトは眠っている。
一木がハルトの記憶を消した後、一旦手術の準備で戻っていくと、アオイはハルトの傍らにしゃがみこんで話し始める。
記憶を消去した直後の相手であれば記憶の植え付けができると一木から教わっていたからだ。
この植え付けをしなければ、ハルトは約束のことを完全に忘れてしまっているため、7年後にこの町に戻ってくる可能性はゼロになってしまう。

アオイは自分のその時感じたことを出来るだけ詳細に話していく。

――昔の話をします。
――その日、私は井戸に落ちた友達を助けました。
――怪我はなく大丈夫みたいです。
――私は友達が井戸の底を見つめながら何を考えていたのか聞いてみました。
――それで……
(このアオイの話が、ハルトの中で最適化されてハルトの体験として記憶に残っていたため、最初のうち自分がアオイを助けたのだと勘違いしていた)
~~~~~~

ふと目を覚ますと、まだ数分し経っていないようだった。
ここからはいつも通り、ボタンを押したらハルトの意識は7年前のハルトへ飛んでいくと説明される。
一木は「7年前の僕によろしく」と言い、アヤトは正直ハルトが成功する可能性は低いと思うとしながらも、「好きな子のために命をかけるというのも悪くない」とエールを送ってくれた。

そしてハルトは7年後へのタイムループへ…。

~~~~~~
(ハルトの最後のタイムループ前に見ていた夢の続き)

実験部屋、眠るハルトに語っていたアオイはすることもなくなり溜息をつく。
ハルトがどんな風に成長するのかを想像し、自分のことなんか忘れてしまうのだろうかと悔しがる。
私は"忘れなかった"のにと。

私はここにいるよ、ずっとずっと、ここで待ってる。
ハルトが戻ってきてくれるって信じてるから。
お母さんとお父さんによろしく。

「ハルト、7年後で待ってる」

→この台詞から既にアオイはタイムループをしてきていると分かる。
つまりハルトの認識では、先にアオイが義性になってくれて7年前に戻るのは自分が初めてであると思っていたが、本当は先にハルトが犠牲になり、アオイがタイムループをしたのが1周目。その後、ハルトに箱の開け方を学ばせるためアオイがわざと犠牲になるのが今回のハルトが覚えている世界軸(2周目)になる。
~~~~~~

7年後に飛んだハルトは、アオイの箱の二つのボタンを長押しして部屋を出る。

二人は嬉しそうに歩み寄り、「すっごい久しぶりだね、ハルト!」というアオイの言葉で物語は締めくくられる。

-ゲームアプリ, 好きなもの・気になるもの, 攻略
-, , ,

Copyright© ちょいきに! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.