ちょいきに!

脱出ゲーム攻略・ネタばれ・考察、たまに生活ネタやノウハウ系記事も

ゲームアプリ 好きなもの・気になるもの 攻略

7年後で待ってるChapter20【攻略・ネタバレ】

投稿日:2018年1月23日 更新日:

アプリ「7年後で待ってる」Chapter20の攻略と内容(ネタバレ含む)です。



Chapter20 攻略

 

・「ほら見てみろ」と立石が言ったら、立石をタップ

 

・実家前道路。自宅へ戻る

 

・次の日。病院へ向かう。病院についたら以降自動です

 

 

>> Chapter21へ <<

>> 7年後で待ってる攻略まとめ <<

内容(ネタバレ)

あまりに突拍子もないハルトの発言に、流石の石打も飄々とした態度が崩れてしまう。

興味ない振りをしてサキ達と会うのを避けているリクをどう思います!?と真剣に意見を求めてくるハルトの様子に、思わず笑ってしまう石打。

しかし、そのうち思い詰めたリクが無理やり娘さんの唇を奪いかねないとオーバー気味に言うと、石打も知らない間にサキが娘であると認めた前提で話が進み、「無理やりは駄目だ!」と慌てて答えているのだった。

空気が和らいだところで、次に少し落ち着いた調子で、今度はハルト自身の話を始める。
昔好きだった子がいたこと、そしてその子の心臓を移植して自分は生きていること。
その子が死んだ理由は分からないが、"何かに利用されて"死んだのだとしたらとても悲しい、と。

それは暗に、ホノカとサキのことを言っていて、石打も「知っていたのか…」と神妙な面持ちに変わっていく。
その変化を見逃さず、更に「ホノカもサキも大切な友達だ。どうにかならないのか」と畳みかける。
少し考えさせて欲しいと石打。

最後に名前を聞かれ、"空木ハルト"と答えると石打は驚き、次に先ほどハルトが好きだと言っていた女の子というのはリボンを付けた子のことかと聞かれる。
そうだと答えると、「なら仕方ないな」と一人笑いながら、ハルトの言うことを何でも一つ聞こうと切り出してくる。

石打の台詞の真意は分からないままだったが、またとないチャンスに、今まで聞きたかったことを順に聞いていく。
("一つだけ"しか聞かないというわけではないと断りをもらってから)

まず、LMD患者を見殺しにしているのか、本当は治る病気なのではないかという点。
これについては以前話した時と同様、医者じゃないので真偽は分からない。
だが臓器売買は確かに昔行われていた。
サキの件は実に7年ぶりに行われるLMD患者からの臓器移植となる。

また、第二病棟地下の書庫や、そこにある不正告発の資料。
あの書庫には、昔のLMD患者の治療・手術記録や、病院の不正を行った証拠などが置いてある。
それらの資料を厳重に保管して残すことで、以前勤めていた人間たちを脅し、黙らせているとのこと。

そして、病院の院長は7年前に変わったという事実を聞く。
病院の不正について、LMDが治るのかどうか、その全ての鍵を握るのはどうやら新院長のようだ。

会って話がしたいと言うと、明日会えるように話を通しておくと言ってもらえた。
院長の名前は菊水。普段は診療棟の6階、院長室にいるそうだ。

ハルトと別れた後、石打は「立石さん、あなたの勝ちでした」と呟き、昔のことを思い出していた。

~~~~~~

7年前。警備部長室にて。
石打が溜息をついていると、立石が入ってきて仕事をするように促す。
仕事がなくて暇で仕方ないこと、もう一人の社員はコーヒー豆の買い出しに行っていると伝え、立石は何をしていたのか尋ねる。

写真を撮ってきたと言う立石に、部長なのにそんなことしていて良いのかと飽きれつつも写真を見せてもらう。
そこには、アオイ、サキ、ホノカの3人が写っていた。

写真を撮ってきた理由を尋ねる。
すると立石は改まって、この病院を辞めて院長達に不正を止めるよう掛け合うことを決めたと言う。
元々、石打をこの病院での警備職務に誘ったのは自分だから、話しておこうと思って…と。

せっかくこの病院にいることで、高額な治療を受けられるし、待てば移植手術もしてもらえるのにと説得を試みる石打だったが、立石の意志は固く曲げられそうになかった。

息子のハルトはどうするのかという問いには、先ほど会ってきて、その際に好きな子がいると分かり、初恋相手を知りたくて写真を撮りに行ったらしい。
結局どの子かは分からないままだったが、息子の初恋相手を殺して、心臓を買って移植してもらったなんて言いたくない、と。

もし俺が死んだら息子のことを頼む、という立石の願いは石打に拒否される。
そのまま院長達の元へ向かおうとする立石に、どの子がハルトの初恋相手なのかと石打が尋ねる。
写真を見ながら立石は"リボンの子"、石打は"サキ(自分の娘)"を選ぶ。
そして、どちらかが当たったら、当てた方の言うことを聞くという賭けをする。

結果を確かめる術がなければ賭け自体が破綻するのだが…と気にする石打。
立石はいつか分かるさと言って写真を渡すと、続けて、成長した我が子に会いに行ってみるようアドバイスをして行ってしまう。

~~~~~~

ハルトの好きなのはリボンの女の子。つまり立石が選んだ子だった。
賭けは立石の勝ち、だから石打はハルトの聞くことに全て答えてくれたのだ。

次の日(3月30日火曜日)。
病院に向かったが、まだ時間帯的に早いし、このまま中庭にいればリクと会ってしまう(毎回、火曜日に中庭でリクと再会する)ので、ひとまず診療棟へ入っていようと考える。

すると、診療棟入口手前でピンク髪の看護師に話しかけられる。
盛り上がっていると、月曜日にいつも作業員にペンキをかけられるスーツの男が近づいてくる。

看護師が「院長…」と言い、遠慮してその場を離れていく。
そして、驚いているハルトに院長は「この世界は何度目だい?」と聞くのだった。

-ゲームアプリ, 好きなもの・気になるもの, 攻略
-, , ,

Copyright© ちょいきに! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.