ちょいきに!

脱出ゲーム攻略・ネタばれ・考察、たまに生活ネタやノウハウ系記事も

覚書き

取っておいて損はなし!ワードプレスのバックアップ方法

投稿日:2017年12月27日 更新日:

今回はワードプレスの記事やプラグインなど、増え続けるデータのバックアップを取っておきましょう、という記事になります。

基本、自身のパソコンがクラッシュしてもエックスサーバーが無事であれば、サイトのデータは残っているはずなんですが…それでも手元にデータを残しておいて損はないと思います。

備えあれば何とやらと言いますしね!

では、早速始めていきましょう。



記事のバックアップ

こちらはとっても簡単です。

①ダッシュボードの「ツール」→「エクスポート」

 

②「すべてのコンテンツ」にチェックが入っていることを確認したら、「エクスポートファイルをダウンロード」をクリック

 

これで「wordpress.XXXX-XX-XX.xml」(XXXの部分はダウンロードした年月日が入ります)というファイルがダウンロードされていると思いますので、大事に保管しておきましょう。

 

FileZillaを使って他ファイルのバックアップ

FileZillaをまだインストールしてないよ、という方はこちらの記事を見てインストールしておきましょう。

他のFTPソフトをもう使っているよーという方は、このまま先へ進んでいただいて指定のフォルダ3つをダウンロードしていただければ大丈夫です。

 

エックスサーバをFileZillaのサイトマネージャーに登録

①FileZillaを起動したら、一番左上の赤枠マークをクリック

 

 

②そうしますと、サイトマネージャのウィンドウが表示しますので、左下の「新しいサイト」をクリック

左側に「新規サイト」というアイコンが作成されますので、ここの名前はお好きなように変えてください。

あとは、③・④・⑤の部分にホスト名、ユーザ、パスワードを記入するのですが、これらはエックスサーバに登録した際に送られてくるメールに記載されています。

 

メール本文を抜粋しますと、「FTP情報」というところ。
ここに記載されています。

プロトコル、暗号化の欄は特にさわらなくても大丈夫です。
ログオンの種類は「通常」にしておいてください。

全てできましたら「OK」で登録完了です。

それではバックアップ開始!

①FileZillaの左上「サイトマネージャー」の▼をクリックして、先ほど追加したエックスサーバーを起動します。

 

不明な証明書というウィンドウが出ても、「OK」で先に進んで構いません。
毎回表示されるのがわずらわしい場合は、「今後もこの証明書を常に信用する」にチェックを入れておきましょう。

 

左側のウィンドウにはご自身のパソコン(ローカルウィンドウ)、右側にはエックスサーバが表示されます。
以下はエックスサーバー側での操作になります。

②ご自身の任意のサイトをクリック

 

③「public_html」をクリック

 

④「wp_content」をクリック

 

⑤リモートサイト欄が「ご自身のサイトアドレス/public_html/wp-content」になっていることを確認

ここでダウンロードするのは、「plugins(プラグイン)」、「themes(テーマ)」、「uploads(画像)」の3つです。

 

⑥ダウンロードするフォルダの上で「右クリック」→「ダウンロード」
 この操作を「plugins(プラグイン)」、「themes(テーマ)」、「uploads(画像)」のすべてで行ってください。

尚、ダウンロードされる箇所は、現在開いているローカルの場所(左側ウィンドウ)に依存します。
デスクトップを開いていればデスクトップ上に、どこかフォルダを開いていればそのフォルダの中にダウンロードされます。

 

その他、設定をコピペ

①ダッシュボードメニューの「設定」→「投稿設定」

 

②更新情報サービスの赤枠部分をコピペします。

 

③次に、ダッシュボードメニューの「設定」→「パーマリンク設定」

 

④カスタム構造の赤枠部分をコピペします。

私はコピペと、全体のスクリーンショットをとっています。

 

これですべてのバックアップデータが揃いました!

ダウンロードしたすべてのファイルは一まとめにして保管しておきます。
ダウンロードした日付でフォルダを作成して、その中に入れておくと良いでしょう。

以下画像は一まとめにしたフォルダの中身です。

 

ついでにUSBにも同じデータを保管しています。
これで、エックスサーバ上、自分のパソコン上、USB上と3か所でデータをとってある状態なので安心ですね。

 

以上、ワードプレスのバックアップをとる方法をご紹介しました。

 

 

 

 

-覚書き
-, , ,

Copyright© ちょいきに! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.