ちょいきに!

脱出ゲーム攻略・ネタばれ・考察、たまに生活ネタやノウハウ系記事も

暮らしの知恵

お引越し!ゆうパック最強説!!

投稿日:2017年12月19日 更新日:

こんにちは、Shizuneです。
絶賛、お引越し準備中です。
(地元へ帰りまーす)

神奈川へ来たときと同様に、帰りもゆうパックを活用していこうと思います!

何故私がゆうパックを使うのか。
それは安いから!!単純な理由でございます。

ですが安くなるには条件がいくつかあります。
以下で、ゆうパックでお引越しをする際の前提条件と、実際にかかった費用をご紹介していきますね。



安くなる前提条件!

その1 家具家電付き物件に引っ越す

こだわりの大型家具や家電があり手放したくない!おまけに段ボールも大量にあるということでしたら、やはり引っ越し会社にお任せした方がいいかもしれません。
最近は、単身パックという便利なものもありますしね。

私は大きな段ボールを活用して、大型家具や家電以外の詰められるものを全部詰めました
(結局、冷蔵庫は現地で調達したのですが…)

その2 お引越しラッシュシーズンにかぶる

当たり前ですが、運送距離が長くなればなるほど費用も高くなります。
引っ越す時間帯や、時期などによっても波がありますね。

特に2~3月は新生活シーズンなのでお引越し代金が高く設定されがちです。

ですが、ゆうパックはそんなの関係なーい。はい、おっぱっぴー
距離によって費用が上がるのは同じですが、時間や時期による変動はありません。

実際にかかった費用

それでは、私が実際の引っ越しで使った段ボールの大きさや個数、費用などを見ていきます。

距離と地帯

まず距離換算は第三地帯でした。

車で1日飛ばしてやっと着くかな?というくらいの距離になります。

段ボールの大きさと個数

ゆうパックの段ボールの大きさとは、たて・横・高さ3辺を合計した大きさです。

私が用意した段ボールは…

160cm  1  個
→ 布団を圧縮して収納

140cm  1  個
→ ヒーターやケトルなど中型家電を収納

120cm  10個
→ その他、なんでも

割引適用後の合計費用

今回は、持ち込み割引(120円/個)と複数口割引(60円/個)を適用しました。
よって、第3地帯における各段ボールごとの費用は以下の通りになりました。

160cm(1,980円/個)を 1個使用
【割引適用前】1,980円 × 1 = 1,980円
【割引費用】   (120円 × 1) + (60円 × 1) = 180円
【最終費用★】1,980円 - 180 = 1,800円

140cm(1,770円/個)を 1個使用
【割引適用前】1,770円 × 1 = 1,770円
【割引費用】 (120円 × 1) + (60円 × 1) = 180円
【最終費用★】1,770円 - 180円 = 1,590円

120cm(1,610円/個)を10個使用
【割引適用前】1,610円 × 10 = 16,100円
【割引費用】   (120円 × 10) + (60円 × 10) = 1,800円
【最終費用★】16,100円 - 1,800円 = 14,300円

合計 1,800円 + 1,590円 + 14,300円 = 17,690円

2万切りました。やったね。
私が女としての自覚がないのか荷物がかなり少ない方だったからこの値段で済んだのかもしれませんね。

逆に男性だったら、もっと少ない段ボールで済ますことも出来るのではないでしょうか。

まとめ

私の物件は、家具家電付き物件の中でもちょっと特殊で、炊飯器とケトルと掃除機と電子レンジまでついていたので、段ボールの数が最小限で済みました。

通常は、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・(ベッド)くらいじゃないでしょうかね~。

なので、上記の費用は参考までにとどめて頂きたく。

大体の荷づくりが済んだら、まずはお引越しの見積もりを出してもらって(見積もり比較サイトとか活用して一気に)、ご自分でゆうパックの料金も一緒に出して比較してみると良いと思います。
ゆうパックの料金はこちらから計算できますよ。

もの凄くゆうパック押しですが、全然郵便局の回し者でもなんでもない一個人の意見です(笑)

 

-暮らしの知恵
-, ,

Copyright© ちょいきに! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.